便秘

口臭の原因の一つに便秘があることをご存知ですか?


便秘になると、便が長時間腸内に溜まった状態になります。
そうすると、腸内に悪玉菌が増殖し、腸内で便が腐敗します。
それが、血液を通って全身に廻り、口臭となって出てくるのです。

さらに、腸の中に長期間便がたまると、宿便となり、その宿便もどんどん溜まって行き、宿便も臭ってくるようになります。

宿便は、便秘ではない人にもありますが、便秘の人はそうでない人の3倍もたまっているといわれており、そこから考えてみても、宿便が原因で口臭となって吐き出されるのも無理もない話ですよね。

また、宿便は、腸内の悪玉菌のえさになり、悪玉菌が増殖する原因にもなります。
悪玉菌が増えると、腸内環境を悪化させ、腸内に有毒ガスを発生させます。
便秘がひどい人の口臭がひどいのは、この有毒ガスが原因だと考えられます。
そもそも便秘は、食べ物をうまく消化しきれずそのまま体の中に残ってしまうために起こります。
そのため、生活習慣や食べ物を変えることによって、便秘を解消し、口臭も改善することが可能です。

便秘には、食物繊維を多く取り、善玉菌を増やす効果がある乳酸菌などを積極的に摂ることがおすすめです。

便秘は、口臭を引き起こすだけでなく、体臭の原因にもなりますので、便秘にならないように心がけましょう。

どうしても便秘がちの人は、宿便を解消する効果がある飲み物やサプリメントもありますので、そういうものを利用してみてはいかがでしょうか?

便秘は、口臭や体臭の原因だけでなく、肌トラブルや肥満の原因にもなりますので、気をつけましょう。

口臭予防方法関連情報

便秘も口臭の原因のひとつであることをご存知ですか?
こちらでは、便秘がどのように口臭の原因となっているのかを説明しています。

このページのトップに戻る