にんにく

口臭の原因の一つににんにくがあります。

にんにくを食べた後の口臭って気になりますよね。
食べた本人はもちろん、周囲の人のほうが気になるものです。

にんにくは、食べた直後に口臭が気になるだけでなく、翌日になっても口臭が気になることが多くあります。
それは、にんにくの臭い成分が、口の中や胃の中だけに残っているわけではないためです。

にんにくの臭いの原因は、アリシンという成分であり、この成分が、腸で分解・吸収され、さらに血液に乗って体内を循環し、最後に肺を通って体外に吐き出されるため、それが口臭となって排出されるのです。

にんにくの臭い成分は、1日をかけて全身をめぐり、体外に排出されるので、丸1日経っても口臭が気になるということが起こりますが、にんにくによる口臭は一時的なものなので、次第に気にならなくはなってきます。
とはいえ、大切な行事がある前日などには、にんにくを食べるのを控えた方が良いでしょう。


口臭の原因となるにんにくの成分は、口や胃の中だけに残っているわけではないので、食べた後の口臭を劇的に改善することは難しいのですが、口臭をできるだけ抑えることはできます。

例えば、食事の前後に牛乳を飲むことによって、牛乳に含まれるたんぱく質が、臭いのもとであるアリシンを包み込んでくれるので、口臭に効果が期待できます。
また、マッシュルームに含まれるシャンピニオンエキスは、消臭効果があり、腸内や血液中で臭い成分を捕まえる働きがあり、口臭の改善・予防に効果が期待できます。

また、食べた直後の口に残った臭いには、口臭予防ガムやサプリメントが効果的です。
唾液の分泌を盛んにして口内を綺麗にしてくれたり、他の臭いによってにんにくの臭いを気にならなくさせる効果があります。


いずれにせよ、にんにくが原因の口臭は一時的なものなので、応急的な処置で乗り切ったり、翌日の口臭を覚悟の上でにんにくを食べるようにしましょう。
くれぐれも翌日の予定を踏まえた上での摂取をしてください。

口臭予防方法関連情報

にんにくを食べたら、口臭が気になりますよね。
翌日になってもまだ気になることがあるにんにくが原因の口臭。どうして1日たっても臭うのか、その理由を説明しています。
さらに、にんにくによる口臭を抑える方法なども併せてご紹介しています。

このページのトップに戻る