歯周病

口臭の原因の多くを占めるのが、この歯周病です。

成人の8割がかかるとも言われているこの歯周病は、口臭の原因の多くを占めます。
臭いのきつい食べ物を控えても、こまめに歯磨きをしても口臭が改善されない場合には歯周病を疑った方が良いでしょう。

口腔内を不衛生にしておくと、食べ物のカスや歯垢が歯と歯の間にたまり、歯肉が炎症を起こします。
歯周病は、自覚症状がないので気付かないうちに悪化させてしまう人が多く、これが原因で口臭が起こっているとは思っていない人が多いようです。


虫歯が、歯そのものの病気であることに対し、歯周病は、歯の周りの組織の病気で、歯茎に炎症を起こす歯肉炎と歯槽骨にまで及ぶ歯周炎の二つを指す言葉です。

歯周病の方は、歯肉と歯の隙間が深くなる歯周ポケットが形成されますが、深さ4mm以上の歯周ポケットがある方は、口臭の原因となるメチルメルカプタンなどの揮発性硫化物の産生量が多いと言われています。
そのため、口臭がひどく、歯周病が引き起こされている場合には、まず、歯周病の治療をします。

歯周病の治療は、歯石やプラークの除去を行い、適切な歯みがきによって行います。
軽度の歯周病の場合は、これによって改善し、口臭も治ることがほとんどですが、重症の場合は、経口の抗生物質製剤が処方されることもあるようです。


また、タバコを吸う人も歯周病になりやすく、また治りにくいとされています。
タバコに含まれるニコチンが、血液の循環を悪くし、歯周病を引き起こしてしまいます。
また、ニコチンが、唾液の分泌を妨げ、口腔内環境を悪化させたり、歯垢が付きやすくなるので、歯周病になりやすく、治りにくくさせてしまいます。

タバコは、百害あって一利なしなので、歯周病や口臭の改善・予防、自身の健康のためにも思い切って禁煙してみてはいかがでしょうか?


歯周病が原因の口臭は、治療すればほとんどの場合が治りますので、早めの治療がおすすめです。

口臭予防方法関連情報

口臭の原因の多くを占める歯周病について説明しています。
成人の8割がかかっているという歯周病ですが、この歯周病が口臭を起こしてしまう理由や、その改善方法についてご紹介しています。

このページのトップに戻る