残渣物(ざんさぶつ)

ここでは、口臭の原因の一つである残渣物(ざんさぶつ)についてお話させていただきます。


口臭は自分はなかなか気付きにくく、他人のしぐさや指摘によって初めて自分に口臭があるというということに気付く人が多いのではないでしょうか。

口臭の原因は人によって異なりますが、食べ物の残渣物(ざんさぶつ)もその一つです。
食べ物が口の中に残っているとそれが口臭の原因になってしまうのです。

毎日しっかり歯磨きをしている、という人がほとんどだと思いますが、それにも関わらず口臭があるという人は、歯磨きのし方に要注意です。

毎日しっかり磨いているつもりでも、磨き残しは意外に多いものです。
歯磨き粉をたっぷりつけて爽快感から磨いたつもりになっていませんか?

歯の表面に残った残渣物(ざんさぶつ)は、歯垢になってはに付着します。
それが臭いの原因になってしまうのです。

また、歯の表面だけでなく、歯の間や舌の上などにも残渣物(ざんさぶつ)はあります。
ほんのわずかな残渣物(ざんさぶつ)でも、口臭の原因になってしまいます。

歯の表面はもちろん、歯の間などに残った残渣物(ざんさぶつ)に雑菌が繁殖することによって、悪臭を放ちます。
口腔内には細菌が多く、その細菌によって残渣物(ざんさぶつ)が発酵・腐敗して口臭の原因となります。
口腔内の温度も細菌や雑菌が繁殖しやすい環境なのです。

あたたかい場所に食べ物を置いておくと腐敗するように、口の中に残った食べ物も同じように腐敗するというわけです。

この場合の対策としては、口腔内を常に清潔にしておくことしかありません。
毎日の歯磨きはしっかり丁寧に行い、歯の間など、残渣物(ざんさぶつ)がたまりやすい場所は特に気をつけましょう。

歯ブラシと歯間ブラシの併用がおすすめです。

口臭予防方法関連情報

口臭の原因のひとつ「残渣物(ざんさぶつ)」についてと、対策をコチラでご紹介しています。
残渣物とは、歯や口に残った食べ物の残骸やカスですが、どうしてこれが口臭の原因となるのか、どう予防すれば良いのかを詳しく解説しています。

このページのトップに戻る

ド All Rights Reserved.
ights Reserved.
ド All Rights Reserved.