胃腸

口臭の原因の一つに、胃腸の不調があります。

胃腸の調子が悪いと口が臭くなると聞いたことがある方も多いと思います。
消化不良などを起こすと、胃の中で悪臭ガスが発生して、それが口から出ることによって、口臭の原因になってしまうのです。
そのため、胃になるべく負担をかけないように、食事と食事の間をあけたり、胃の調子が悪いと思ったら、消化の良いものを食べるようにしましょう。


また、腸内環境の悪化も口臭の原因になります。

腸内には、3種類の細菌が棲息しており、このうちの悪玉菌が増え、腸内環境が悪化すると、腸内で毒素や有害物質が発生し、それが血液を通って全身に運ばれ、肺から排出される際に、口臭となるのです。

腸内環境が悪化する原因として考えられるのが、高脂肪や高タンパク質を多く含む食べ物の過剰摂取や、食物繊維不足、ストレス、抗生物質の長期使用などです。
それらを改善することによって、腸内環境を整え、口臭を治すことにつながります。
胃腸の病気は、虫歯や歯周病に次いで多い口臭の原因です。
胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などになると、消化不良を起こし、食べたものが胃の中で異常発酵し、臭いが発生します。
胃腸が原因の口臭の場合、卵の腐ったようなひどい臭いがするのが特徴なので、常に胃の調子が悪い方や、胃腸の病気を疑われている方は、自覚症状がなくても、口臭に要注意です。

この場合の口臭をなくすためには、まずは胃腸の調子を整えることや治療をしましょう。


自分の口臭に気づいた方や指摘された方は、口臭改善や健康の維持のために、規則正しい食生活を送りながら、適切な治療を受けるようにしましょう。

口臭予防方法関連情報

胃腸の調子が悪いと、口臭の原因になります。
口臭改善のために、胃腸や腸内環境を整えるにはどうすればよいのか、さらにその原因についてもご紹介しています。
気になる口臭の解決にお役立てください。

このページのトップに戻る