ストレス

ストレスも口臭の原因になることをご存知ですか?

歯磨きは毎回しっかり丁寧に行っているし、体調も良い、タバコも吸わないのに、口臭がひどいという方は、ストレスが原因かもしれません。

ストレスは、様々な疾患の原因になることがあり、決して軽視できるものではありません。

口臭の原因にもこのストレスが大きく関係しており、心が精神的なストレスを受けることによって唾液の分泌量が減ってしまいます。
その結果、口の中の細菌が増えてしまい、口臭が発生してしまうのです。


さらに、ストレスによる口の渇きも口臭の原因になります。
過剰なストレスを感じたときに、口が乾いたという経験をお持ちの方も多いと思います。
ストレスを常に感じている状態では、口が渇き、唾液が極端に減り、口の中を清潔に保つことができなくなってしまうのです。
そして、ストレスは、胃腸にも大きく影響します。
胃腸障害もストレスによって引き起こされることがあり、消化機能の低下の原因になったり、精神のバランスを崩すことにつながり、体内に異常をきたし、口臭を引き起こすことになります。


ストレスは、それだけで口臭の原因になってしまいますし、さらには、他の病気の原因になってしまい、それがまた口臭を引き起こす原因になってしまい、悪循環に陥ります。
ストレスを感じている人は、適度に発散し、気分をリフレッシュさせることが大切です。


ストレスによる口臭は、水分を補給し、口内を潤しておくことである程度予防できますので、常にストレスを感じている人や、極度の緊張で口が渇いたと感じるときは、こまめに水分を補給してください。

口臭予防方法関連情報

様々な疾患の原因となるストレス。
口臭の原因はストレスかもしれません。
ストレスが口の乾きや、胃腸障害を引き起こし、それが口臭の原因となっているのかもしれません。
どのように対処すれば良いのか、その方法をこちらでご紹介しています。

このページのトップに戻る