タバコ

口臭の原因の一つにタバコがあり、口臭とタバコは、深い関わりがあります。

タバコを吸う人にとって、タバコの臭いはあまり気にならないと思いますが、タバコを吸わない人は、タバコの臭いに非常に敏感です。
少しの臭いでもすぐにわかります。
そのため、会話中にもれてくるタバコの嫌な臭いも非常に気になります。

タバコを吸う量にもよると思いますが、気にならない程度ならまだ我慢もできますが、1日何箱も吸うようなヘビースモーカーの人は、非常に口臭が気になるものです。

その原因は、タバコに含まれるタールとニコチンです。
そのタールやニコチンが、歯や舌の表面に付着し、強い臭いを発します。
一般的に「ヤニ」と呼ばれるこの汚れは、歯磨きだけではなかなか落としにくいので、しっかり歯磨きしているにも関わらず、口臭の下人になってしまうのです。


また、タバコが原因による口の渇きも口臭の原因になってしまいます。

通常、口内には、十分な唾液があり、この唾液の働きによって口内を清潔に保ち、歯に歯垢や歯肉がつくことを防ぐのですが、タバコに含まれるニコチンは、口の中の血液の循環を悪くすることによって、唾液の分泌を抑えてしまうのです。
その結果、唾液が少なくなり、細菌が増殖し、口臭が発生します。


タバコは、歯周病の原因にもなってしまいます。

タバコは、非喫煙者と比べて何倍も歯周病のリスクを高めます。
タバコに含まれるニコチンと一酸化炭素によって、血液の循環を阻害し、自然治癒力も衰えさせるので、歯周病になり、結果、口臭の原因になってしまいます。


最後に、タバコは、血液の循環を悪くし、様々な病気の発症の原因になって舞うことがあり、それによって口臭が発生していることもあります。

口臭が気になる人は、口臭だけでなく、体の健康のためにも禁煙してはいかがですか?

口臭予防方法関連情報

タバコを吸っていれば、周りが気になる口臭。
この口臭を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。
コチラでは、タバコによる口臭を予防する方法や、タバコによる口臭の原因についてなどの情報を掲載しています。
喫煙している方は、必ず読んでください!

このページのトップに戻る