口臭の原因の一つに舌の汚れがあります。

毎日丁寧に歯磨きをしているにも関わらず、口臭が気になっている人は、もしかしたら舌の汚れが原因かもしれません。

歯磨きをする際に、舌まで綺麗に洗浄している人はどのくらいいるでしょうか?
うちの主人はヘビースモーカーなので、常に口臭を気にしており、舌の上まで必ず磨いているそうです。
というのも、舌に付着した汚れが、口臭の原因になってしまうからです。

舌の表面は、小さなさな乳頭と呼ばれる絨毯のようなヒダで覆われており、このヒダを糸状乳頭(しじょうにゅうとう)といいます。
舌はこのヒダが多いため、汚れがつきやすいのです。

舌に付着した汚れは、舌苔(ぜったい)と呼ばれます。
舌苔は、様々な原因によって、舌の表面に苔が生えたように白色・褐色・黒色の汚れが付いた状態です。
ほとんどの場合、白っぽく見え、あっかんべーをした時に、舌の表面が白っぽく見えたら舌苔が付いている状態です。
この舌苔は、歯に付く歯垢と同じものです。
この舌苔の大半は、食べ物の残渣物、舌から剥がれた細胞、お口の中の細菌などです。
歯の歯垢をそのままにしておいたら口臭がするのと同じように、舌苔もそのままにしておくと口臭の原因になってしまうというわけです。

この舌苔は、通常の量であれば口臭の原因になることはなく、健康な人にも見られます。
また、体調によっても変化し、風邪をひいたときなど体調が悪い時やお酒を飲み過ぎたとき、タバコを吸う人は特に多く付着します。

体調が悪いときに見られる舌苔は、回復すれば元に戻り、口臭も気にならなくなりますが、常に舌苔があり、黒っぽかったり、口臭がすごく気になる場合には、適切な処置が必要になります。

おすすめは、舌クリーナーの利用です。
歯ブラシで舌まで磨くという人もいると思いますが、舌の表面を傷つけることがあるので、おすすめではありません。
舌専用のクリーナーを使えば、効果的に汚れを除去することができますので、はぶらしと併用して、口内を清潔に保つようにしてください。

口臭予防方法関連情報

丁寧に歯磨きをしているのに、口臭が気になるなら、もしかすると口臭の原因は舌にあるのかもしれません。
こちらでは、舌がなぜ口臭の原因となるのか、そして、口臭を防ぐためにどうやって舌をケアすればよいのかを説明しています。

このページのトップに戻る