禁煙

口臭の原因の一つにタバコがあります。
タバコが原因の口臭を改善するためには、禁煙することが最も効果的です。

タバコには、ニコチンやタールなどの成分が含まれており、タバコを吸うだけで息がヤニ臭くなり、口臭の原因になります。


タバコによる口臭はそれだけではありません。
タバコを吸うことによって、唾液の分泌量が低下し、口内細菌が増殖する原因になります。
唾液には、口内を清潔に保つ働きがあるので、この分泌量が低下すると、口内環境を悪化させ、歯垢や歯石を付きやすくしてしまうのです。

そのため、タバコが原因の口臭の場合は、禁煙することが最も効果的な対策方法なのです。


タバコを吸う人にとって、タバコのにおいはさほど気にならないかもしれませんが、タバコを吸わない人は、煙草に臭いに非常に敏感です。
そのため、本人はたいしたことないと思っていても、他の人にとっては耐え難い悪臭の場合もあります。
タバコを吸うと、口内環境が悪化し、虫歯や歯垢、歯石、歯周病などの原因になりますし、タバコは、歯にヤニが付着し、それが口臭の原因になりますので、禁煙がどれほど口臭対策に効果があることがお分かりでしょう。

また、口臭の他にも、様々な重篤な病気を引き起こすこともありますので、健康維持のためにも禁煙をおすすめします。

とは言っても、簡単にはできないのが禁煙なんですよね。
我が家の主人も、何度も禁煙を宣言しては挫折し、を繰り返しています。

口の臭いは、人間関係に支障をきたしたり、仕事にも影響しますので、口臭がひどく、悩んでいるなら、禁煙してみませんか?

口臭予防方法関連情報

タバコは口臭の原因のひとつです。
タバコが原因の口臭を解決するためには、禁煙することが最も効果的です。
こちらでは、タバコが口臭の原因になる理由などもご紹介しています。

このページのトップに戻る