食後

食後の口臭が気になることは多いですよね。
特に、臭いのきついものを食べた後の口臭は、非常に気になります。

にんにくやキムチ、ネギ、ニラ、らっきょう、アルコールなどの臭いのきつい飲食物は、おいしい反面、食後もしばらくは臭いが取れず困った経験をした方は多いでしょう。

一般的に食後の口臭は、一時的なものとされ、しばらくすると自然になくなります。
普段は口臭がないのに、食後の口臭だけが気になるという人は、それほど心配する必要はありません。

食後に歯磨きをしたり、ガムを噛むことで臭いが気にならなくなることもありますし、また、消臭効果があるサプリメントなどもありますので、においのきつい食べ物を食べる時は、常備しておくといいでしょう。

中でもガムは、臭いを消す効果と唾液の分泌量を増やす効果があるので、食後の口臭には効果的です。
唾液の分泌量が増えれば、口内の衛生状態がよくなりますのでおすすめです。
食後の口臭が気になる人の中には、1日経ってもまだ臭いが気になるという人もいると思います。
にんにくなどのきついにおいがするものを食べた後は、1日経ってもまだ口臭がするという場合も多くあります。
これは、胃や腸で消化された臭い成分が、血液にのって全身にまわり、最後に肺から排出されるためです。
この場合は、ガムは歯磨きなどでは臭いを消すことはできませんので、なくなるまで待つしかありません。


食後の口臭は、食べもによるものであり、一時的なものなので、心配はいりません。
あまり気にしすぎると、それがストレスになって唾液の分泌量を低下させてしまい、さらに口臭を悪化させてしまうので、注意しましょう。

口臭予防方法関連情報

臭いのきつい食べ物を食べたときやお酒を飲んだときは、口臭がとても気になるものです。
しばらく経てば治まる食後の口臭ですが、その原因と、対処方法をこちらでご紹介しています。

このページのトップに戻る