妊娠中

妊娠中の口臭についてお話させていただきます。


「妊娠してから口臭が気になるようになった」「妊娠中の妻の口臭がひどい」と感じる人は意外と多いものです。

妊娠と口臭は、一見関係ないように見えますが、大きな関わりを持っています。
個人差があり、妊娠してから口臭がひどくなる女性はそう多くはありませんが、中には深刻に悩んでいる人も多いでしょう。

「口が臭くてキスできない」「自分の口臭で気分が悪くなる」という人もいるのではないですか?

妊娠中は、ご存知のようにホルモンバランスが乱れ、体調を崩したり、免疫力が低下することがあります。
このホルモンバランスの乱れが、口臭に大きく関わっており、妊娠中の口臭の原因です。

妊娠中は、なにかと精神的に不安定な状態になりますよね。
妊娠による緊張感や不安感、ストレスなどによって、口内の唾液の分泌量が低下します。
その結果、口内細菌が増殖し、口臭の原因になってしまうのです。
また、つわりによってほとんど食べることができなかったり、偏った好みになるなど、食生活が乱れることも、口臭の原因の一つに考えられます。

その上、妊娠中は、特に臭いに敏感になっているので、そんなにひどくはないのに、自分の口臭がひどいと感じることもあるようです。


妊娠中に起こる口臭は、妊娠が原因ですので、心配はいりません。
むしろ過剰に心配することによってストレスになり、さらに口臭を悪化させたり、心身の健康に支障をきたすことにもなりまますので、「このくらいあって当然!」「出産したら治る」くらいの気持ちをもちましょう。

妊娠中に口臭が気になるようでしたら、こまめに水分補給をしたり、いつも以上に歯磨きを丁寧にするなどしてみてはいかがでしょうか?

口臭予防方法関連情報

妊娠中に口臭が気になるようになる人が意外と多いようです。
こちらで、妊娠中に口が臭くなってしまう原因と、その予防方法について説明しています。
妊娠中の口臭は一時的なものではありますが、気になるようでしたら、こちらをチェックしてください。

このページのトップに戻る