寝起き

寝起きに口が臭いと感じたことがある人は多いのではないでしょうか?

寝起きも口臭の原因の一つです。

寝起きに起こる口臭は、実は誰にでもあることなのです。
寝起きの口臭は、生理的口臭と呼ばれ、うがいや歯磨きをしたり、朝食を取ったり、水分を取ることによって解消されることがほとんどなのでさほど心配する必要はありません。

とはいえ、寝起きの口臭に悩んでいる人も少なくありませんよね。

寝ている間は、体の水分が奪われ、口内の水分も奪われるので、唾液の量も必然的に少なくなります。
また、口を閉じた状態が長時間続くので、唾液の分泌量も抑制され、口内細菌が増殖しています。
唾液には、細菌の増殖を抑え、口内環境を清潔に保つ効果がありますので、その唾液が少なくなれば、必然的に口の中に細菌が増え、不衛生な状態になってしまいます。
その結果、口臭が発生するのです。
口内の細菌は、寝ている間に最も増殖し、起きる頃には口内の細菌は飽和状態になっているため、寝起きの口臭が一番臭いと感じる人も少なくないと思います。
これは、上記に挙げたように、唾液の分泌量が大きく関わっているためですが、寝る前に歯磨きをしていなかったり、食べカスが残っていると、それが腐敗・発酵し、さらに口臭がきつくなることもあります。


また、いびきをかく人は、寝ている間も口呼吸になっており、常に口内が渇いているので、唾液の分泌量がより少なくなり、口臭の原因になります。


寝起きの口臭は前述したように、誰にでも起こることであり、通常の生活をしていればさほど心配はいりませんが、できるだけ予防するには、寝る前の歯磨きをしっかりすることや起きてすぐのうがいや歯磨きが効果的です。

寝起きの口臭を予防して、自身の寝起きだけでなく、パートナーの寝起きも気持ち良いものにしてあげましょう。

口臭予防方法関連情報

寝起きに、自分の口が臭いと感じたことはありませんか?
寝起きの口臭は誰にでもよくあることです。
この口臭の原因は何なのか、そしてどうすれば寝起きの口臭を防ぐことが出来るのか、こちらでご紹介。

このページのトップに戻る